Copuright (C)  2003 , 2002 Noriyoshi Tanaka, Ayao Oohara, Yuji Mizushima, Yoshio Hattori,  Masahiro Masutani.  All rights reserved. 

旅日記
我ら青春の1ページ 出会い、そして友



  
旅日記-我ら青春の1ページ 出会い、そして友
これは、昭和35(1960)年春から昭和37(1962)年にかけて、旅先のふとんの中で仲間が分担して書いた日記です
 まだ、「蟹族」という言葉もなかったころ、学生服のままでザックを背負いました。
どこでも「学生さん」と呼ばれて暖かく迎えられました。
北海道では急きょ阿寒湖に行くことにし、バス代を確保するために1人前の親子丼を4人で分けて食べ、駅長さんに頼んで待合室に一泊。
 伊豆では、歩きくたびれて道端の農家で夏みかんを1個注文したら、4個もプレゼントされ・・・・・・・・・・・・
歩き続けた美しい道、空腹とマメに苦しんだ道、6畳に7人も詰め込まれた宿、ドキドキした混浴の露天風呂、かわいい女性との出会いに心を躍らせた湖、そして、感動する心を育ててくれた土地の人々とのふれあいの記録です

                     
日記オリジナル版(部分)と
旅のこづかい帳(伊豆と北海道)
を公開!!
(PDF:acrobat readerが
必要ですが入手できます)
   
ご感想・関連情報
をお寄せ下さい
記入、発信ページへ
昭和35年春
伊豆半島徒歩一周
昭和35年夏
北海道一周
昭和36年春 四国一周ページ(準備中)
(日記が行方不明で只今探索中です)
昭和37年秋

東北(下北・十和田)

この仲間たちは
今どうしてる?

Ooharaのページ

「シルクロードの旅」
「パミール高原の旅」
「エジプト旅行」など

野良辰の足跡
山登り・国内の旅など

 
 ギャラリー服部 ときわ台
 

腹の出た年輪の物語

 
「終戦直後の旅」 「三浦半島情報」
海外・国内の写真集 Nゲージ他

 
街道歩き
「旧東海道」「旧中山道」
「北国街道・旧北陸道」な